いつまでたっても中学生日記

精神年齢が14歳のまま社会人になってしまった人間のブログです

【ポケモンカード】どうぐおとしが強い!ジラーチ入りギルガルドデッキの紹介

スポンサーリンク

ダークオーダー収録のギルガルド、ニダンギルを中心としたデッキを作成したので紹介します。

 

 デッキ構築について

作成したのはこのデッキ。

 

ニダンギル、ギルガルドで殴り、ジラーチで回すといったデッキです。

立ち回り方法

① 序盤はヒトツキを場に並べてください。

 

ボール系のカード、後1ならばみかんを使います

 

ジラーチがバトル場にいたら特性も使ってグッズサーチをしてください

 

② 序盤~中盤

 

気合でギルガルドを立てます

 

ギルガルドが時間を稼いでいる間にもう一体のギルガルドを立てます。

 

ギルガルドが倒されたら、レスキュータンカにより進化セット一式デッキに戻してください

 

あとはギルガルドで殴ります。

 

基本的には毎ターンエネルギーをはってください

メインカード

デッキ内の主要カードの紹介です。

 

・ニダンギル

ããã³ã®ã«

わざ

どうぐおとし 無無                    30×

おたがいの場のポケモンについている「ポケモンのどうぐ」の数×30ダメージ。

 

・ギルガルド

ã®ã«ã¬ã«ã

特性 ロイヤルガード

このポケモンが受けるワザのダメージは「-40」される。

 

基本的にはメモリーエネルギー、セレビィを使ってニダンギルのどうぐおとしで殴ります。

 

・ジラーチ

ã¸ã©ã¼ã

特性 ねがいぼし

このポケモンがバトル場にいるなら、自分の番に1回使える。自分の山札を上から5枚見る。その中にあるトレーナーズを1枚、相手に見せてから、手札に加える。残りのカードは山札にもどして切る。その後、このポケモンをねむりにする。

 

デッキの軸。こいつの特性を中心にデッキを回します。

 

非GX中心のデッキなので特性を使える機会が多いです。

 

デッキ圧縮も兼ねています。

 

エスケープボードを使うことで逃げエネが0かつ眠り状態でも逃げることが可能となります。

f:id:xaabbccdd:20181005194628p:plain

このカードをつけているポケモンは、にげるためのエネルギーが1個ぶん少なくなり、ねむりまたはマヒでも、にげられる。

 

・進化前の技を使うために

ひかるセレビィ

ã²ããã»ã¬ãã£

特性 タイムリコール

このポケモンがいるかぎり、自分の進化しているポケモン全員は、進化前に持っていたワザを、すべて使える。[ワザを使うためのエネルギーは必要。]

メモリーエネルギー

ã¡ã¢ãªã¼ã¨ãã«ã®ã¼

このカードは、エネルギー1個ぶんとしてはたらく。

このカードをつけているポケモンは、進化前に持っていたワザを、すべて使える。[ワザを使うためのエネルギーは必要。]

意外と強かったカード

最初は微妙だと思ったけど意外と強力だったカード。

 

テンガン山

ãã³ã¬ã³å±±

おたがいのプレイヤーは、自分の番に1回、自分のトラッシュにある鋼エネルギーを2枚、相手に見せてから、手札に加えてよい。

 

このカードを入れることで鋼エネルギーの採用を少なめにしています。

 

ブラックマーケットも割れるので、このデッキには必須だと感じてしまった。

 

ヨーギラス

ã¨ã¼ã®ã©ã¹

わざ

きずをえぐる                                                                      10+

相手のバトルポケモンにダメカンが3個以上のっているなら、70ダメージ追加。

 

特殊エネを割ってくるガオガエンGXの対策に入れた。

 

ガオガエンには強く出れるがその他には微妙だった。

 

ミカン

ãã«ã³

自分の山札にある鋼ポケモンを1枚、相手に見せてから、手札に加える。そして山札を切る。後攻プレイヤーの最初の番に使ったなら、手札に加えられる鋼ポケモンの枚数は5枚までになる。

 

後1で打つのが全てかなと思っていたがそんなことなかった。

 

ギルガルド、ニダンギルをサーチできるので、このカードは中盤、終盤でも使える。

 

上記理由より最初はウツギ博士を採用していたが、みかんに変更した。

強力なところ

・非GXなところ

倒されてもサイドが1枚しかとられないので、ゆったりと場を整えることができました。

 

・ギルガルドがかなり固い

 ギルガルドがかなり固いので、そのすきに2体目を立てることが可能です。どうぐおとしを打てるように場を整えれば火力も両立させることが可能です。

 

弱いところ

・序盤でギルガルドが立たないと弱い

ギルガルドは2進化なので立つのに時間がかかります。

また、デッキの性質上、ふしぎなあめを使うことができません。

序盤でたてることがができないと相手のポケモンに蹂躙されます。

 

・ジラーチ(運)次第で回り方に差が出る

ジラーチの特性は運なのでデッキの回り方に差が出る。

デッキの性質上、ポケモンの道具を多めに採用しているので事故率も低くはない

 

対策

・道具をトラッシュに落とす

ãã£ã¼ã«ããã­ã¢ã¼

 

ã¢ã­ã¼ã©ããããã³

 

ãããªã¹

このデッキの天敵達。

道具をトラッシュから回収する手段を搭載していないので、火力がそがれた。パチリスに関して突き刺さった。麻痺にさせられるのがきつい。

 

・ギルガルドをワンパンする

一回目に立てたギルガルドがワンパンできれば有利にバトルを進めることが可能です。

 

・特殊えねを割る、セレビィを倒す

これがかなりきつい。セレビィはもう一枚採用しようか迷っている。

 

採用を検討したカード

・ウツギ博士

ã¦ãã®å士ã®ã¬ã¯ãã£ã¼

自分の山札にある、HPが「60」以下のポケモンを3枚まで、相手に見せてから、手札に加える。そして山札を切る。

 

 上でも述べたが序盤にしか使えないカードだから不採用。

 

代わりにミカンやネストボールを多めに採用した。

 

・ゲノセクト

ã²ãã»ã¯ãGX

このポケモンは、「ポケモンのどうぐ」を2枚までつけられる。(この特性がなくなったとき、自分は「ポケモンのどうぐ」を1枚になるようにトラッシュする。)

 

もともとは今の構築からメモリーエネルギー1枚ぬいてゲノセクトを入れたデッキを使っていた。

 

グズマでセレビィが倒されたらきついこと、ゲノセクトを前に持っていかれて時間稼ぎされた、という理由から不採用。

 

火力を出すにはこいつが必要。

 

・その他悩みどころ

あとはセレビィの枚数、メモリーエネルギーの枚数は悩んでいる。

 

トラッシュからカードを回収するカードの採用も検討している。

最後に

最初はこんなデッキ回るのかなと思ったが意外と回った。

 

コツはヒトツキを場にたくさん並べること。

 

ジラーチの特性をうまく使いデッキを圧縮すること。

 

 しかし、対策も立てやすいデッキなのかなとも思った。

 

面白いデッキなのでぜひ使ってみてください。

 

使用感についてはこちらから

www.tsunor.com

 

その他、ダークオーダー関連の記事はこちらから

www.tsunor.com

www.tsunor.com

 

ポケモンカードゲーム サン&ムーン 強化拡張パック 「ダークオーダー」 BOX

ポケモンカードゲーム サン&ムーン 強化拡張パック 「ダークオーダー」 BOX

 

スポンサーリンク