いつまでたっても中学生日記

精神年齢が14歳のまま社会人になってしまった人間のブログです

【ポケモンカード】「しょうりのほし」ビクティニを徹底解説!細かいルールの説明も!!

スポンサーリンク

特性「しょうりのほし」をご存知でしょうか??

 

ワザでコインを投げたとき、一回だけ結果を白紙に戻して再度投げることができるという強力な効果を保持しています。

 

ですがこの特性、ルールが結構ややこしいです。

 

ハピナス&ビクテニィというデッキが一時期流行りましたがコインを投げなおすタイミングはいつなの?

 

前回の結果は保持するの??

 

といった疑問が生まれます。

 

今回は特性「しょうりのほし」の細かいルールについて調べてきました。

ビクテニィについて

ãã¯ãã£ã

特性 しょうりのほし

自分の番に、自分のポケモンのワザでコインを投げたとき、1回使える。そのコインの結果をすべてなくし、はじめからコインを投げなおす。「ビクティニ」が何匹いても、「しょうりのほし」は自分の番に1回しか使えない。

 

特性により技のコイントスをやり直すことができる半ばチートっぽい能力を持っています。

 

それによってビクテニィ&ハピナスというデッキがはやりました。

特性のルールについて

まずテキストをよく読んでみましょう。

その時に注意するのは3点です。

 

1.「ビクティニ」が何匹いても、「しょうりのほし」は自分の番に1回しか使えない。

 

こちらはわかりやすいと思います。

2匹並べようとコインの投げなおしは1回のみです

 

2.そのコインの結果をすべてなくし、はじめからコインを投げなおす

 

こちらが若干わかりにくいですね。

 

ハピナスを例にとってみましょう。

ãããã¹

ワザ パワフルビンタ 80×

 このポケモンについているエネルギーの数ぶんコインを投げ、オモテの数×80ダメージ。

 

自身についているエネルギーの数分コインを投げ、表の数×80のダメージを与えるという「しょうりのほし」ととても相性の良さそうなワザをもったこちらのカード。

 

例えばハピナスにエネルギーが3枚ついていたとしましょう。

この場合コインを投げる数は3回です。

 

1回目:表

2回目:表

3回目:裏

 → このタイミングで特性「しょうりのほし」発動

 

この場合1回目と2回目の結果はどうなるのか?

 

答えは1回目と2回目の結果はなくなるです。

また1回目からコイントスを投げなおすことになります。

 

ここでいうコインの結果というのはコイントス一回という意味ではないです。

どちらかというと技を打ち直すといったイメージです。

 

ちなみに公式の回答です。

f:id:xaabbccdd:20181129221038p:plain

 

3.自分のポケモンのワザでコインを投げたとき、1回使える

 

使えるのは自分のワザでコインを投げたときです。

 

例えば相手の番に相手の技のコイントスにより自分のポケモンがマヒになってしまった。

そういった場合は特性「しょうりのほし」を使うことはできません。

相性の良いカード

れんぞく~の技を持ったポケモン

ã¯ãã®ãã

ワザ れんぞくずつき 20×

 ウラが出るまでコインを投げ、オモテの数×20ダメージ。

 

ããã³ãã·

ワザ れんぞくころがり 30×

ウラが出るまでコインを投げ、オモテの数×30ダメージ。 

 

ほかにもれんぞく~の技を持つポケモンは結構いるので調べてみてください。

ただ、強いと思ったのは上記の2枚です。

 

カイロス

ã«ã¤ã­ã¹

ワザ ギロチンハッグ

コインを2回投げ、すべて表なら、相手のバトルポケモンをきぜつさせる。

 
特性「しょうりのほし」と組み合わせると高確率でオモテを連続で出せると思います。

最後に

ビクティニの特性について理解していただけたでしょうか??

 

間違えた効果を使わないように注意したいですね。

 

その他ポケモンカード記事

www.tsunor.com

www.tsunor.com

www.tsunor.com

スポンサーリンク